Monthly Archives: June 2016

合名会社の特徴

合名会社というのは合資会社によく似ており、その違いは設立の際に必要となる無限責任社員の人数が最も大きな違いです。

合資会社は有限責任社員と無限責任社員の2名がいるのに対し、合名会社は全ての責任を負う無限責任社員だけで構成されています。

尚、「社員」というのは従業員という意味ではなく「出資者及び所有者としての地位」をもっている人のことを意味しています。

合名会社のメリット・デメリット

このことから、もしも会社の経営がうまくいかずに、会社の財産によって債務を全て完済できない場合には合名会社に出資したすべての社員が債権者に対して直接責任を負う必要があり、その責任は無限ですのでなんとしても自分で負担していかなければいけません。

また、全社員が責任をおうので「業務執行権」及び「代表権」のどちらも所有しています。また、定款変更等といった重要事項を決定する際や社員の地位の譲渡について決める際には「総社員の同意・承諾」が必要とされるので、社員の考え方などを直接会社の経営に反映させることができます。

ですので会社の信用というのは社員の信用となっているので、取引先からの信用面では有利になることもあります。しかし万が一の際のリスクは大きいので昔から設立されることはあまりなく、これからも新規設立されることはほとんどないと言われています。

また、合名会社は実質的には「組合」としての性質があるので、内部関係については、組合についての法規定により規律されることもあります。